容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

WoW Gold:The Burning Crusade」のラスボスがついに倒さ

  1. 2008/06/28(土) 11:13:29|
  2. wow gold|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:38
wow gold

ウォーレン?スペクター氏やピーター?モリニュー氏といったゲーム業界の有名人だけでなく,アップル創始者の一人,スティーブ?ウォズニアック氏など,意外な人選がたまにあるロングインタビューを掲載することで油断もスキもないアwow goldメリカのゲーム情報サイトGamastra。9月17日掲載とちょっと古い記事だが,そんなGamastraがBlizzard EntertainmentのSenior Vice PresidentであるFrank Pearce氏にインタビューを行っているのである。話題はやはり,欧米MMORPG市場で一人勝ちを続けるWoWこと「World of Warcraft」,そして“2”が発表されて盛り上がるStarCraftシリーズなどについてだ。このインタビューには,「StarCraft II」wow gold のプロデューサーであるChris Sigaty氏も同席している。
 ちなみに,Pearce氏は1991年のオリジナルBlizzard(つまりVivendi Gamesの傘下に入る前)の立ち上げに参画した3人のうちの一人という重要人物。これまでほとんどメディアの前に出なかったので,「こちら」の記事に登場したBlizzard社長のMike Morhaime氏同様,発言としては非常に貴重なものになる。とはいえ,今まで姿を見せなかったキーパーソンが次々にこうして表に表れてくるところに「何かあるんじゃないの」という妙な勘wow gold ぐりをしてしまう自分がちょっと悲しいが,インタビューの終わり頃,「現在,社内には三つの制作チームがあり,一つはWoWのカスタマーサービスを,もう一つはStarCraft IIをやっている。3番目のチームは,ええと,何か素晴らしいことをしているよ」(意訳)と発言して(爆笑)を誘っているところが気になるっちゃ気になる。なんだろう?
 カジュアルゲームに対するPearce氏の意見からWoWの将来設計など,話は多岐にわたっているが,残念なことに日本でのサービスについては触れられていないようだ。口語そのままの英文でしかも長いが,気になる人はぜひごwow gold一読を。

人気MMORPGの拡張パック「World of Warcraft: The Burning Crusade」で,最強とされるSunwell PlateauのラスボスKil'jaedenが5月25日,ついにプレイヤーの前に屈した。
 Kil'jaedenを倒したのは,EUのVek'nilashサーバーで活動する名門ギルドSK Gamingのメンバー達で,Feral Druid1人,Hunter3人,Mage1人,Paladin2人,Priest4人,Rogue3人,Shaman5人,Warlock4人,Warrior2人という,25人構成だった。

 SK Gamingのメンバー達は,「Counter-Strike」や「Warcraft III」でも勇名を馳せるプロゲーマーグループだ。
 ルートアイテムは,Cover of Ursol the Wise,Hammer of Sanctifiction,Hand of the Deceiver,Thalassian Ranger Gauntletなど。興味のある人は,上の画像を拡大して確認してほしい。

 Kil'jaedenが倒されたのは,The Burning Crusadeのサービス開始から1年4か月10日目のことだ。
 ちなみに,SK Gamingがどのようにwow gold 倒したのかといったノウハウがインターネットを通して公開され,5月26日にはヨーロッパを拠点とする別のクランもKil'jaedenのキルに成功した。

 これでThe Burning Crusadeの全ボスが攻略されたので,次の“一番槍争い”は,年内リリースが予定されている拡張パック第2弾「World of Warcraft: Wrath of the Lich King」までお預けとなった。

コンテストの優勝者には,「World of Warcraft」などに登場する魔剣FrostmourneのBlizzard公認レプリカ(Epic Weapons製)と,「World of Warcraft: Wrath of the Rich King」のβテスト参加権が当たる。

 Frostmourneのレプリカは,以前のwow gold ニュースでお伝えした,かなり精巧な作りの本格的なものだ。アートワークの募集受け付けはすでに始まっており,応募〆切は太平洋標準時で2008年6月21日の正午(日本時間で6月22日4:00AM)となっている。
 ただしこのコンテストに応募できるのは,アメリカ,カナダ,オーストラリア,そしてニュージーランドの居住者のみで,日本からの参加はできない。日本在住のWoWファンは,どんな作品が優勝するのかを楽しみに待とう。

世界遺産 3ヵ所巡る旅の魅力も

  1. 2008/02/15(金) 13:11:14|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:227
石見銀山遺跡(大田市)が昨年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録された。国内では十四件目、中国地方では原爆ドーム、厳島神社に続いてwow gold三件目となる。新規登録が抑えられる中で認められた意味をかみしめながら、遺産を守り、生かす視点を考えたい。

 春のシーズンを前にして地元が直面しているのは、観光客をどこまで受け入れるかという問題だ。

 中心の大森地区は、谷あいの人口四百五十人の町。そこに半年で五十万人以上がなだれ込んだ。歴史的町並みに人があふれ、狭い道路は連絡バスが行き交う。お年寄りは外出を控えたほどだった。

 受け入れ過ぎることで町の雰囲気や平穏な暮らしが損なわれては、との危機感が広がっている。地元自治会が先月、市に「連絡バスを一部廃止して歩くように」「観光バスは一日四十台まで」などと陳情したのはその表れだった。

 ふさわしいのは一日千人、最大二千人まpower levelingでとの試算もある。住民がストレスを感じず、来た人にも不満が残らないようにどうコントロールしていくか。方向付けが急がれる。

 長期的な課題は、まだ「原石」に近い遺産の付加価値を高め、分かりやすく伝える力をつけることだ。

 ユネスコは、登録審査に際して、研究のwow power leveling不十分さを指摘した。発掘されたのは核心地域の0?1%にすぎず、調査の及んでいない文献も多数あるからである。

 今後の研究によって銀山の全体像がつまびらかになり、十六世紀のアジアとヨーロッパの交易に果たした役割が跡づけられれば、遺産はさらに存在感を増すだろう。

 島根県と市は地元の大学logo designなどとタイアップし、研究を進めながら専門家も育てるための委員会を近く発足させる。確実に軌道に乗せたい。

DTIブログって?